最新情報を常に知ること

即導入を

製品を販売するためのサイトを立ち上げる際には、アクセス解析を導入することをお勧めします。
なぜなら、サイトは作ったからといってそこで終わりにしていいものではないからです。
利用者の動向を考慮して、改善を重ね、より使いやすく、見やすいものへと変えてゆく必要があるのです。
そのために必要な情報のほとんどはアクセス解析から得ることができるので、サイトの立ち上げと同時に導入することが望ましいのです。
ユーザーはなにをきっかけにサイトを訪問してくれたのか、どのページに関心を持ったのか、サイトからどういった情報を得た結果、製品の購入の決意に至ったのかという情報は、そのほとんどがアクセス解析から得ることができます。
もちろん、実際に製品を購入したのかどうかについてもです。
それらは、サイトの改善のためだけでなく、販路の拡大を考える上でも大切な情報だということができるでしょう。

製品が売れるかどうかは、ユーザーが見つけやすい広告を打つことができるかどうか、サイト内のシステムや導線がちゃんと機能しているかどうかにかかっていると言っても過言ではありません。
作る側の考える「見やすさ」と、訪問する側、製品の購入を考えている側が考える「見やすさ」とでは違うので、よりユーザー目線のサイトへと変えてゆく必要があり、そのためにはユーザーのサイト内での動向を知る必要があることから、アクセス解析が提供してくれるデータが重要になってくるのです。

購入まで至らなかったユーザーがどこで諦めてしまったのかを知り、その部分を見直すことはとても重要なことだと言うことができますし、購入用の入力フォームまできたにもかかわらず諦めてしまっている場合には、使用端末などの情報を見直し、どの端末からでも利用しやすいサイトへと変えてゆく必要があるでしょう。
そして、そのためのデータは、すべてアクセス解析が提供してくれるのだとしたら、導入をためらう必要はないのではないでしょうか。